プロテインで減量!? 太るどころかダイエットに最適だった件

Pocket

知っておきたいプロテインの秘密

プロテインと聞くと何をイメージしますか?
スポーツだったりボディービルダーだったり多くの人は「筋肉」に関するイメージを持つのではないでしょうか?

また、「プロテインを飲むと太る」なんてイメージを持ってたりしませんか?

今日はそんなプロテインの真相に迫ります。

プロテインとは

そもそもプロテインとはタンパク質という意味で、市販のプロテイン飲料はタンパク質、特にホエイプロテインを多く含んだもの。

タンパク質は三大栄養素の一つでなくてはならない栄養素なのだ。
参考元:私たちにタンパク質が必要な理由

以下プロテイン飲料をプロテインと述べていきます。

なぜプロテインを飲むのか

運動したり筋トレする人がプロテインを飲んでることがよくありますが、あれは一体なぜか。

そもそもタンパク質は骨格形成や筋肉、そして髪の毛や皮膚とありとあらゆるところを構成する栄養素だ。
そのため、筋力をアップしたい人はよりタンパク質が必要となり、プロテインはそんな筋力増強にはもってこいのサプリメントなのだ!

そのほかにはビタミンB群など体に嬉しい栄養素も盛りだくさんなのだ!

プロテインは太る?

実はタンパク質は炭水化物同様に4kal/gとエネルギー源なのだ。そのため多量摂取は太る原因になる。
でも正直タンパク質を摂りすぎるという状況は考えにくいので気にする必要はないだろう。

むしろ同じ栄養源である炭水化物を控え、そのぶんタンパク質を取るように心がけたいくらいだ。

プロテインと筋肉

 筋肉に負荷をかける筋トレ後は、各筋細胞は一度壊れます。そして次にその筋細胞が以前ようりも強い筋肉に変わるよう超回復という状態になる。その時にタンパク質が必要となるため、運動した後はプロテインが必要になるということだ。

もちろん筋力が増強すればその分カロリー消費が多くなるので痩せやすい体になっていくのだ。

プロテインで減量は可能か?

「プロテインを飲むと太る」

一度はそんなことを耳にしたことはありませんか?
先にも述べたよう、プロテインを摂取して太ることは考えにくい。でも筋トレとプロテイン補給後に大樹が増加することがある。これは筋力が増強し多分体が重くなるからだ。しかしその後消費カロリーが増えるので徐々に脂肪が燃焼され体重は減っていく。要は

1. 筋トレ+プロテイン

2. 筋力状況→体重増加

3. 消費カロリー大→体重減少

この流れを繰り返すことでより太りにくく痩せやすい体へと変化していくのだ。

プロテインはいつ飲むべき?

おすすめは運動の後だ。先にも述べた通り運動した後は体が超回復のためにタンパク質を必要としている。つまりこのタイミングで飲むと筋力が増強しやすく効率が良いというわけだ。

そのほかには食事と一緒に、またダイエット中の人は食事と置き換えて摂取するのもよいだろう。

プロテインを飲めばタンパク質系の食事はいらない?

 なんでもそうだが、サプリメントはあくまで補助食品。それを摂取したからといって、タンパク質系の食事をしなくてもいいと言おうことにはならない。

肉類はもちろん、大豆製品や乳製品をきっちり取るように心がけましょう。

まとめ

プロテインは筋力増強に大変効果があり、一度は体重が増量するが、それは筋力UPの証。
その後痩せ易い体へと変化していくためプロテインを飲んで太るというのは考えにくい。

しかしながらプロテインだけでなく、きちんと食事からもタンパク質を摂るように心がけましょう。 

Pocket

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る