食物繊維が体に良い本当の理由

Pocket

食物繊維ってよくいうけど、結局何に良いのか?

こんにちは!

今日は「食物繊維」について、詳しくご紹介!

食物繊維とは

文字通り「食物中の繊維成分」だ。

この「食物繊維は、人間の消化酵素では分解できない成分なのだ。

そのため、便通が良くなったりと、現代人に必須な栄養素と言われている。

食物繊維は2種類ある!?

食物繊維と一言で言っても、実は2種類に分類されている。

不溶性食物繊維

これは水に溶けにくいものだ。

そのため、水を吸収しやすく、通便が良くなる。

通便がよくなると、有害物質の排出と、大腸がんの予防になる訳だから大事だね!

水溶性食物繊維

一方のこちらは水溶性。

水に溶けやすい繊維だ。

そのため、人の血液に関する効果がある。

例えば血中コレステロールを下げたり、血糖値の急上昇を抑えたりする。

繊維を含む食品は!?

で、結局何を食べれば食物繊維を摂取できるのか。

上記2種類の繊維別に見てみよう。

不溶性食物繊維を含む食品

こちらは、以下の食物繊維がある。

・セルロース

・リグニン

・キチン

・へミセルロース

・不溶性ペクリン

これらは穀類や野菜類、または豆類に多く含まれている。

そのため、野菜を中心に摂取するとよいだろう。

筆者は豆類である「ココア」を飲むようにしている。

水溶性食物繊維

一方、水に溶けやすいこちらは以下の食物繊維がある。

・グルコマンナン

・アルギン酸

・水溶性ペクチン

これらは主にこんにゃくや海藻類に多く含まれている。

なので上記の不溶性食物繊維とあわせると、海藻サラダなどを毎日食べるとよいだろう

まとめ

今日のまとめ

・食物繊維は腸内環境改善と血中コレステロールや血糖値に効果がある

・食物繊維は不溶性食物繊維水溶性食物繊維の2種類がある

・おすすめの食材は海藻サラダとココア

今日から是非食物繊維を!!

Pocket

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る